高校留学の心得

今は若い世代で海外留学を経験することは普通に事になってきました。
私が高校生の時は、まだ海外旅行は夢だった時代です。高校の時に海外留学をした経験者は学校で一人だけでした。
今は、国内より海外旅行の方が安いこともあります。誰もが気軽に海外旅行を楽しめる時代です。
ただ、海外旅行と留学は少し違います。特に高校生の留学は親や家族と離れて、ホームステイのファミリーと英語で暮らすのです。夢と希望とそして不安がいっぱいです。

「英語を話せるようになりたい。」
「カナダの高校,ESLを体験したい」
「将来国際人になりたい」
「日本の高校が嫌い、合わない」

など、学生さんは様々な理由と希望でカナダ高校留学を目指してやってきます。
いま、留学を考えているみなさんに留学をする前の心構えアドバイスをお話しておきましょう。

まずは、「どうして海外で留学したいのか?」
「なぜ海外へ、なぜカナダへ、行きたいのか?」考えてみてください。
そして、「海外留学で何をしたいのか?」「将来どう役立つのか?将来の夢はなにか?」など、夢と目的も考えてください。
1年(又は短期)、または高校卒業を目指した留学がありますが、どっちが希望なのか?

留学生の心得
1、留学の目的をしっかりと持つこと。将来のことも考えるようにする。 
2、自分のことをしっかりと知ること。(家族、自分の町、日本のことなども)
3、友だちをたくさん作ること。(日本人、カナダ人、なに人でもみんな友だちになるように。)
4、悩みがある時は友だち、先生、親などに相談すること。心の中にためないこと。
5、親に、感謝すること。(きちんと言葉で伝えてください。)
6、自分の考えをしっかりと持つこと。(周りと同じでいいという考え方はカナダでは通用しません)

また、高校生の留学はやはり親御さんの経済的協力、日本からの応援が不可欠です。
親御さんも「子供を海外へ留学させる心構え」が必要です。
親の心構え
1、子離れをする。
2、留学中に子供としっかりと連絡をとること。でも、必要以上に電話をしないこと。
3、子供のわがままと本当のSOSを見抜く力をつけること。
4、子供、ホストファミリー、学校、エージェントを信用すること。
5、親自身がきちんと学校事情、ファミリーの様子を把握し、留学の事情を知っておくこと。エージェント任せにしないこと。


さて、留学への心構えができました。次は場所選びです。つづく。。。

DSC08005.jpg
カナダ高校卒業イメージ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナナイモじゅんこ

Author:ナナイモじゅんこ
カナダのバンクーバー島、ナナイモのジュンコです。留学サポート会社、VIHomestayを主人のアントニオと経営しています。カナダ留学のサポート、短期旅行、ホームステイ斡旋を現地、ナナイモから日本語&英語でサポートします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カナダ留学 と ホームステイ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR