カナダ留学生活。。。英語がうまくなりたい!

だんだんと寒くなってきているナナイモです。

きょうは、「英語が上手になりたいのに伸び悩んでいる」そんな人たちのお話。

私も昔、海外へ来る前は「1年くらい海外に住んでいたら自然と英語が話せるようになるんじゃないの?」なんて思っていました。ところが、カナダに来て最初に思ったのは「なにを話してるのかさっぱりわからん」でした。
日本出発前に慌てて英会話教室に通いましたが英会話教室ではとても追いつかなかった。。。
相手へ質問した答えが英会話教室では決まっていたのですが、実際の答えは、マニュアル通りではなく全く違う答えが多く、いったいなにを言っているのかわからないケースが多かったです。。。。これはみんなが経験しています。安心してね。みんな英語に耳がなれてくるまで大体2,3、ヵ月はかかるようです。

  
私はカナダに来てすぐに私はオリンピックで有名になったウイスラーへ半年間住みました。
ウイスラーには、世界中からいろんな人が集って来ます。よくパーティーにも誘われていきました。さあ、環境バッチリです!! が、実際に英語だけになったら「取り残される」ことが多かった。。。。なぜ???
それは「私自身に問題があった」のです。相手が話しかけてくれるのをまっていたら、いつまでも始まらない!!
「自分から話しかけること!」をしないと先に進まないのです。
「じゃ、なにを話したらいいの??????」英語は日本語より簡単かもしれません。「ハイ~、マイネームイズジュンコ!ナイストゥミーチュユー!」これから始めなくちゃね。後は何でもいい。お天気のこと、自分のこと、好きなことを話せばいい。できる範囲で話せばいい。でもわからなかったら理解できなかったことを相手に意思表示すること。(これを怠ると後で問題が起きることが多い。)

カナダ人は話し好きの人が多いです。知らない人同士がバスの中でずっと話してたり、コーヒーショップですっと話しをしてるので知り合いかと思ったら初めてあった他人だったりして。。。「いったい、知らない人と何をそんなに話すことがあるんだろう?」と思っていた。がある日、その会話がす~と耳に入ってきた。「ねえ、あそこに立ってる人の服、素敵じゃない?」とか「昨日、うちの奥さんがとてもおいしいパイを作ったんだよ。」とか「今日は寒いね~、信じられないくらいだ。。。。」。。。。。。普通の会話じゃないか!!と気が付いた。英語だからなにか特別なことを話さなくっちゃと思っていた自分に気が付いた。「お天気の話し」はつきないものだ。みんなお天気が気になる。
次に話すことがなかったら聞くことだ。「元気?」とか「今日の調子はどう?」みたいな簡単なこと。聞かれるとほとんどの人は「まあまあだよ~」「今日は忙しいんだ。」など返事が来る。「どうして忙しいの?」と聞き返せば相手は「だって、学校とバイトとふたつあって、来週テストがあるから勉強しなくちゃ。。。。」などど返事が来る。そうしたら、「どこの学校へ行ってるの?とか何を勉強してるの?とかバイトはどこでしてるの?」とか。。。質問できるでしょ?会話はキャッチボールです。

ある程度、聞き取れるようになってきたら次の壁がまっています。
「自分の言葉で話す」こと。これは意外に難しい。英語では「あなたはどう思いますか?」という質問が多い。日本語では「みんなと同じでいいです」と逃げれるけど、英語では「あなたの意見」を聞かれます。意志を示すことがとても大切。あなたは実際に自分のことがわかっていますか?自分のことを英語で答えられますか?「どうしてカナダにいるの?何をしているの?英語を勉強して何をしたいの?将来の夢は?あなたの好きなことは?」「日本のこと」もよく聞かれます。そんな質問にあなたは英語で答えれますか?
そのために「英語日記」をオススメします。自分だけの英語日記だから間違っていい。「今日あったこと、思ったこと、」なんでもいい。英語で日記を書くこと。最初は簡単な文章しか書けないと思うけど、段々上手になっていきますよ。続けること。「自分の手でかくこと」は、パソコンに頼っている現代にはかかせない学習法だと思います。
最近はカナダ人ですら「英語のスペル間違い」が多いのです。省略してかくことが多くなっている今、英語日記を付けることは英語力を伸ばす一歩です。

そして、本を読むこと。これは、皆が苦手。でもとても大切な勉強法です。実際に声をだして読むことはひとつひとつの単語を発音することが大切。これはとても難しいけど、始めは子供の本や短い文章を読むようにしたらいいでしょうね。私は新聞についてくる広告を何度も読みましたよ。広告の中には「普段使うものの名前」がぎっしとと詰まっています。本や雑誌は自分の興味のあるジャンルから選ぶといいと思います。

もうひとつ。「感謝をすること」これは忘れがちです。「なんで私がこんな目に遭うわけ?友だちができない。英語がわからないから、無視された。。。」とかって自分が思ったことで、本当はだれもそう思っていないんじゃないかな?だったら、全ては「訓練」であって勉強するためのひとつの道であることを感謝する方がいいと思います。ご両親に学費をだしてもらってきている人はなおさら。「カナダに留学させてもらっていることに感謝したら、頑張るしかない」でしょ!
不満、文句を言っているうちは明るい未来はやってこない。新たな問題,文句しかでてこないんだよ!でも前向きに進んでいくと必ず道は開かれるのです。

がんばれ~。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナナイモじゅんこ

Author:ナナイモじゅんこ
カナダのバンクーバー島、ナナイモのジュンコです。留学サポート会社、VIHomestayを主人のアントニオと経営しています。カナダ留学のサポート、短期旅行、ホームステイ斡旋を現地、ナナイモから日本語&英語でサポートします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カナダ留学 と ホームステイ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR