スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ISEインターナショナルスチューデントプログラム

カナダの高校では、留学生を多く受け入れしています。
高校への留学生はナナイモ地区ではISE、インターナショナルスチューデントプログラムのオフィスを通して申し込みます。ナナイモ、レディースミス学校区も7校がそのプログラムに参加しています。

ISEのオフィスはDoverBay高校の2階にあります。さっそくISEのオフィスへインタビューしてきました。
オフィスはこじんまりとしてとても奇麗でした。全部で4人のスタッフです。
学校区教育部長のRonda、ロンダさんはすらっとして優しそうな方です。
週末からドイツへ出張へ出かける前で忙しい所でしたが親切に質問に答えてくれました。

じゅんこ「まずは、現在何人くらいの留学生がいるんですか?」

ロンダ 「280人です。そのうち日本人は13人です。」(私立高校は含みません)

じゅんこ「結構いますね~」

ロンダ 「日本、中国、ベトナム、タイ、インド、マレーシア、メキシコ、ペルー、ブラジル、ドイツ、ロシアなど本当に国籍豊かですよ。」

じゅんこ「日本人が13人ですが、みんな同じ高校ですか?」

ロンダ 「いいえ、違います。7校に別れていますが数人は同じ学校です。でも学年が違うのでいつも一緒にはいrませんよ。」

じゅんこ「どうやって7つの学校から決めるのですか?」

ロンダ 「一人一人のプロファイルを見て、エージェントに確認して、できるだけ話し合って、生徒にあった環境を提供しています。たとえば、英語力は全くないとなると、ESLがある学校を考えます。スポーツや音楽などで得意なものがあったらその得意な科目が盛んな学校を探します。」

じゅんこ「つまりその子の得意なものを伸ばしてあげて、不得意なものをカバーするんですね?」

ロンダ 「そうです。始めから無理で難しい環境だったら、ホームシックになる前に落ち込むでしょ?笑」

じゅんこ「何年生から来るのが一番いいですか?」

ロンダ 「グレード8年生です。(中学3年生)カナダではグレード8からセカンダリースクールと呼ばれる日本の中学3年生から高校せいです。グレード8はカナダの生徒も学校が変わる変化のある年です。皆が同じスタート地点にいるので、出来上がったクラスへ飛び込むのではなく、みんな同じスタート地点からスタートすることをオススメします。」

じゅんこ「でも少し年齢が早いような気がしますが。。。?」

ロンダ 「YesとNoですね。つまり生徒さん次第です。15歳は微妙な年頃ですが、しっかりしてる子もたくさんいます。頭も心も柔軟なうちに、留学という大きな挑戦をするには、それなりの度胸と努力が必要です。親御さんのサポートも大きいです。でも、ほとんどの生徒が、だいたい半年くらい聞き取りができるようになり、1年くらいで意志表示ができるようになります。そしてほとんどの生徒が高校を卒業しています。」

じゅんこ「ヤル気があるなら早めにきた方がいいと言うことですね。」「現地でのサポートは?」 

ロンダ 「はい。私たちは現地で生徒たちをサポートします。先月は留学生たちとヴィクトリアにいってきました。学校地区主催のツアーやプログラムへ多く参加してもらってほかの学校の留学生、生徒とも交流をしてもらえる環境を与えるようにしてます。」

じゅんこ「じゃ、日本人の留学生は知り合いですか?」

ロンダ 「そう思います。こんな遠くまで同じ国から同じ時に留学に来ることは何かの縁ですよね。」

じゅんこ「はいそう思います。」「では、日本人の高校生へメッセージをお願いします。」

ロンダ 「日本のみなさん、ナナイモは静かでフレンドリーな町です。町全体で留学生のみなさんをお待ちしてます。」

じゅんこ「ThankYou、ありがとうございます。」


ISEのホームページはコチラから。
www.ISE.sd68.bc.ca


ISE
スタッフのみなさん。右から2番目の方がロンダさん。

ISE
受付のカウンターには盆栽が。。。オフィスにはたくさんのお土産が飾られていました。世界各国の学校や生徒さんからのお土産です。






スポンサーサイト

DoverBay高校 その3技術コース

ドーバーベイ高校は公立高校です。
基本的には日本の学校で勉強する教科と同じですが、
「技術コース」は、日本では専門学校で習うものではないでしょうか。

ドーバーベイーには
「調理師実習シェフコース、自動車設備、大工工作、コンピュータ、建築設計」などがあります。
この技術コースはかく学校によって変わります。ドーバーベイはナナイモの中でも多くの技術コースがあり、
学生たちは、机の上だけの勉強ではなく、世の中にでていく時に役に立つ技術を若い時から身につけることができます。ちなみに高校でこれらの技術を学んだ生徒が更にその技術を大学で続けて学ぶことができます。
高校で学んだことを、大学で「既に単位がある」ト判断された場合は、次のステップへ自動的に進むことができます。
実際にドーバーベイからは「5スター高級レストラン」でシェフをしている卒業生がたくさんいます。
なんて素敵なんだ~~~。

驚いたのは、生徒さんように、「カウンセリング、相談室」があるのですがその受付やオフィスワークをする係も生徒さんかが運営しています。これも立派な授業の一環です。オフィスのお手伝いもきちんと単位をもらえます。
とても実用的で協力的で、感心しました。

自動車設備クラス。
タイヤやライトの交換程度の簡単なコースからエンジンを直す本格的コースがあります。生徒さんは全員男の子でした。
ドーバ技術3


大工工作クラス。
小さな木工作品から、壁作り、机、椅子等の木工作品を作る本格的なものもあります。
27472.jpg

建築設計コース。
ロケット作り~車作り、家やビルディングの設計まで意外に幅広いコースです。
ドーバ技術


調理師実習シェフコース。
このコースは人気があり、かなり待たないとクラスに参加できません。
作った生徒さんは、残りのランチを食べることができるのも人気の秘訣かな。。。笑
ドーバ技術2    ドーバ技術5

Dover Bay high school ーランチの違い

昨日は、ドーバーベイ高校で生徒さんと一緒に1日を過ごしました。
そこで、日本とカナダの文化の違いを食事から発見~。
この高校では、グレード8から「シェフコース」をとることができます。
将来レストランへ就職するする生徒さんも多いそうです。
彼らは午前中にカフェテリアでランチの食事作りをします。
そして出来上がったものをお昼に販売するのです。

普通の家庭科の教室もあります。
本格的に料理を学ぶ前に「お試しクラス」ですね。笑
こちらの家庭科でもただ料理を教えるのではなく、
「栄養のバランス、健康な食事法」なども教えるそうです。

昨日のメニューは「チキンポップコーン、リークとポテトスープ、チキンラップ」などなかなかのメニューです。
私は、スープとラップを食べました、合計5ドル。
安くておいしいランチでした!!満足!
つきあっていただいた教頭先生は
「僕はお弁当を持ってこないんだ。だってカフェてエリアの食事の方がおいしいんだよ。笑」
ドーバー 毎日メニューが変わるのはうれしいね。

ドーバー  ランチタイム10分前。準備OK!
ドーバー  
先生方は隣の小さなお部屋で食事ができます。なかなかいい感じです。私もこちらでお食事しました。



さて、いざランチタイム~。
横浜の生徒さんはファミリーが用意してくれたランチを食べています。
バデーになったカナダ人生徒さんはカフェで買ったり、サンドイッチを食べたりと歩き食べしてたりと様々。。。
でも、カフェテリアの向こうにも。。。。いっぱい生徒さんがいる。。。。なんでだ???

????
おっと、カナダ人生徒さんはみんな「立ち食い」です!!
それも、どこでも好きな所で。。。。
日本じゃ考えられないね。

ドーバー
日本人とカナダ人チーム


ドーバー
カナダチーム、歩き食い、走り食い、座り食い。。。。なんでもあり!

ドーバー
カナダ高校生、ロッカー立ち食いチーム!



Dover Bay high school

こんにちわ。ナナイモは素敵な青空です。

今日、ナナイモの高校、DoverBay、ドーバーベイ高校へ行ってきました。
私は学校の中に入ったことがなかったので、興味津々でした。
いや~~~、楽しかった!!
なにがあったかをお届けしながら、「カナダの高校事情」をリポートします。

今回は日本から1週間ホームステイ+ESL研修にきている
34人の日本の生徒さんたちのお手伝いです。
中学3年生の学校の研修で、横浜からやって来てくれます。
今日は到着2日目、
皆まだ疲れているようだったけど、意外に元気でした。


この2日間で一番驚いてることは
「ドーバーベイのみなさんがとてもうれしそうに日本の生徒さんを受け入れてくれていること」でした。

先生方、ホストファミリー,生徒さんたち、
みんながワクワクしてる気持ちが伝わってきます!
昨日も,「IRASHAIMASE」と描いた大きなポスター、
(本当はYOUKOSOだけど。。。いいよね~。)
手作りケーキがでてきたりとおもてなし抜群です!
日本語で話しかけてきた子もいました。
みんな、「むっちゃ,日本に興味あり!」って感じです。笑


今朝はお互い始めてのご対面の日、
横浜の生徒さん一人ずつに、ドーバーの生徒さんの一人がアシストする。
「バデー」とご対面です。
なかには二人の女の子のバデーがついた子もいて、ラッキ~。
最初はみんな緊張してたけど、
ランチの時はみんなうちとけあって一緒に食べていました。
グループで盛り上がっている子もいました。

今回、学校側は34人のバデーを募集したところ
70人以上の候補があって、半分、断ったそうです。

明日からは週末。皆ホストと楽しくすごしてね~。
学校の施設もすごくよかったです。
それはまたまとめて書きますね。

ようこそ
いらっしゃいませ~

ケーキ
シェフコースの生徒さんが作ってくれたケーキ。おいしかったです。


ホストと
ホストの笑顔は生徒さんをほっとさせてくれますね~。







友だち作り

新しい学期も始まって早1ヶ月。。。
みんな、だんだんとカナダ生活になれてきた頃ですが、
同時にホームシックになったり
体調を崩したりといろいろと変化が表れて来るシーズンです。

カナダの10月は「収穫、ハーベストの季節」ですが、
同時にだんだんと日が短くなり雨が多くなる季節。。。。
サマータイムももうすぐ終了です。

さて、VIUの生徒さんたちは、みんな同じことで悩んでいます。
「友だちが思ったよりできない」
「日本人だけで固まるので日本語を話す、だから英語力が伸びない~」
「同じ国の仲間で固まる~」

これは、日本人だけではなくって
どの国から来てもみんな同じように思っているようです。

わたしも、18年前に同じ思いをした。
少しだけ通ったESL学校では「英語だけ」という規則があって
英語以外を使うと先生に怒られたっけ。。。。。。。
その学校では「壁に耳あり~」というくらい先生方が徹底して
「English Only!!」といって追いかけてきたな~
だから、しばらく立つまでお互いに「日本人である」ことを知らなかった友だちもいた(笑)

でも、これは本人次第!
皆の気持ちはよくわかる。でも自分から進んでいかないと。。。。
『Hi!」て自分から話しかけないと。。。ね。
日本では「知らない人と話さないこと」教えられてるけど
ここカナダでは「知らない人とも、元気に話す!」のです。
特にナナイモの人びとは親切で優しい人が多いので、元気に話しかけようよ。


「Hi~、How are you?」と言った方が勝ち!
話す内容は何でもいい。学校のこと、お天気のこと、カナダのこと。。。
わたしはよくカナダについて質問した。そして日本について質問された。。。
いろんなボランティアにも進んで参加した。
コーヒーショップへでかけて「カナダ人観察」したり(笑)、
バスの中でも、隣の人と話しを始めたりした。

「きっかけは自分から切り開く!」
「ただ、待っているだけではダメ」
そして、「笑顔

さあ、みんな笑顔で友だちを作ろう~。


26533.jpg ナナイモの夕日。。。







プロフィール

ナナイモじゅんこ

Author:ナナイモじゅんこ
カナダのバンクーバー島、ナナイモのジュンコです。留学サポート会社、VIHomestayを主人のアントニオと経営しています。カナダ留学のサポート、短期旅行、ホームステイ斡旋を現地、ナナイモから日本語&英語でサポートします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カナダ留学 と ホームステイ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。